#6590

今年の抱負 2022


空想

2022年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

いわゆる「コロナ禍」も3年目に突入しました。
新型コロナウイルスは何度も変異した結果、オミクロン株は感染力こそ強いものの
重症化率は著しく落ちており、ウイルスもそろそろ弱体化してきたように思います。
あとはトドメとして飲み薬が普及してくれれば……。
いずれにしろ、もう少しコロナ禍は続きますが出口も見えてきたように思います。

自分は上京3年目ということになります。
1年目はコロナによってそもそも現場に出勤できない一年が続き、
2年目は出勤できて仕事も充実感はあったものの、スキルアップはできていない。
3年目はいよいよ明確にスキルアップする一年にしたいと思っています。
今年の現場で自分のスキルが通用すれば転職してさらに年収アップの道も拓ける一方、
もしここでリタイアしてしまうと今後数年はSESに甘んじてしまう可能性も……。
そういう意味では勝負の一年なのかなと思います。

*  *  *

◆2022年のスローガン
「誠実であれ。」

◆意欲
2021年は承認欲求ありきの行動を減らすことができたのは良かった一方、
やるべきことに対して躊躇する原因を解明することはできなかった。
特に習慣化していないことを習慣にしようとするのは想像以上にハードルが高い。
やらないことのリスクも十分考慮して、
もっと長期的な視点を持ち目先の意欲だけで判断しないようにする。

◆健康(フィジカル)
2021年は飲酒を減らすことはできたが、運動習慣を身につけることはできなかった。
その代わり定期的に温泉に行くことが健康増進に大きく寄与することがわかったので、
温泉については今年も継続していきたい。
運動面では一日最低でも7,500歩歩くなどして、一日の体力を使い切ることを意識する。

◆健康(メンタル)
2021年はメンタル面で思い悩むことはほぼ無かったのでそれを維持していきたい。
ただ、後ろ向きにならないノウハウは溜まってきた一方で、
物事を前向きに捉えるための経験はまだ少なく
それが物事に取り組めない要因になっているようにも感じるため、
書籍などから知識を得てそれらの解決方法を探ってみたい。

◆web制作(仕事、ピクチャレ大会)
2021年はVPS移転を目標に掲げていたが必要性の薄さから結局実現はできなかった。
これは2024年に再度検討することにする。
2021年は各種開発支援ツールの使い方とjavascriptについて学んだので、
今年はよりモダンなサイトを作るために必要なツールとして
仕事や独学を通じてLaravel、Nuxt.jsを実際に使ってみて、
可能ならピクチャレ大会の次期バージョンの開発に取り入れていきたい。
また期間限定ランキングは年2回開催を最低目標として開発を進めていく。
去年受験できなかった基本情報技術者試験については必要性から再検討する。

◆web制作(ブログ)
本家ブログに関しては、世間の価値観の変化などもあり
そもそも「日記をweb上に公開すること」に対するメリットとデメリットが
明らかに釣り合わなくなってきているように感じているため、
ブログはこの時代にどう在るべきかを改めて考える一年にしたい。
その結論は20周年を迎える2024年までに出す。

◆創作
創作を形にするハードルの高さは依然として高く、
まして他人に公開することはまだまだ現実的ではないように感じる。
しかし幼少期から続く創作の世界観を自分の中に持つことは
絶対に否定できない自分にとっての心の拠り所になっているという確信のもと、
その世界観を忘れないように引き続きメンテナンスする努力は続けたい。
具体的には今年から運用するNotionで世界観をWikiのように整理する。

◆経理
本業については現場で可能なかぎり頑張る以上のことをする必要はなく、
おそらくそれだけで昇給額は従来通りの最高値をキープできるものと思われる。
一方、副収入としては2021年から始めた仮想通貨投資が有望なため、
今年はもっと本格的に運用して年間純益80万円を目指す。
そのためにアルトコインを徹底的に調べ上げてポートフォリオを作成する。

◆読書
2021年は目標11冊の読書ができなかったばかりか、読書録も2本しか書けなかった。
その反省として今年は最低10冊を読み切ることを目標にするとともに、
読書で得たナレッジベースをNotionに整理していく。
可能なら去年読んで読書録をまだ書いていない本についてもまとめる。

◆独り言(自分哲学)
客観的な視点に基づく批判的思考は実生活においても有益なため、
そのトレーニングにもなる随筆の執筆は今後も続けていく。
ただし、あまりにも理屈っぽいとそれはそれでイメージが良くないので、
相手によって柔軟に話し方を変えられるように多様な言葉遣いを習得したい。
随筆執筆も去年は目標11本を達成できていないので、
今年は最低10本に下方修正したうえでそれを達成できるように心がける。

◆趣味
ゲームは交流のためのツールという認識のもと、
コンシューマーゲームの購入は引き続き最小限を維持するようにする。
その代わり、2022年からはSteamライブラリの充実を目指し、
自己満足的なタイトルの購入はこちらに集中することにする。
音楽は2021年に新曲投入が面倒になったなどの事情で大きく滞ってしまったので、
今年はSpotifyなども活用して耳を充実させる努力をしたい。
また2021年からスタートした新規趣味の生物学ひいては多肉植物栽培も継続していく。
そのうえで、好奇心と時間とお金が許す限りいろいろな新規開拓も心がけたい。

◆対人関係
相手が何を言いたいのかを意識したコミュニケーションを心がける。
価値観が違うからといって頭ごなしに否定するのは自分本位な考え方という認識のもと、
両者にとって平等な視点からの意見をアウトプットするようにする。

*  *  *

以上11点でした。
この中で何が一番大事なのかと言えば、
それは当然生活基盤としての健康(睡眠、食事、運動)だと思います。
ただそれは去年一年間でかなり安定させることができたので、
今年はそれを維持することを心がけつつ、次のステップを重視してもいいのかなと。
その意味での次のステップの中で最重要なのは、まあ仕事関係でしょうね。
特にバックエンド・フロントエンド両面におけるフレームワークを習得する。
これがいまの自分にとって仕事でも趣味でも必要かつ興味もある分野なので、
習得するなら今年はまさにうってつけの一年だと思います。
去年末に先輩社員から具体的な勉強法なども教わったので、すでに道筋はできています。
ただ、ピクチャレ大会の膨大なソースコードをフレームワークに移植するのは
とんでもない工数がかかることが予想されるため、これは今年だけでは無理でしょうね。
ただ、何を作りたいのかという材料がなければフレームワークを学ぶ意味もないので、
完成は難しくても着手するくらいの意気込みで行きたいところです。
理想はピクチャレ大会に並ぶもうひとつのwebサービスを立ち上げることなのですが、
2020年から幾度となく検討していまだ方向性も見えないので厳しい気がします。

あと、できるかどうか微妙なので上には書きませんでしたが、
今年は英語の勉強にも着手したいと思っています。
いままでにも基礎3科目(国語、数学、英語)の必要性は薄々と感じていましたが、
一昨年のピクチャレ大会英語版制作、去年の仮想通貨関連に加えて
仕事でも英語を読み解く必要に迫られる場面がどんどん多くなってきていて、
このままだと少なくとも英語は避けられないのではないかと実感しています。
義務教育の再勉強は2011年ごろから薄々と必要性を感じつつも実践できませんでしたが、
今年は果たして実践することはできるのか。
これは努力目標として立てておきたいと思います。

まあ、全体としてはとにかく冒頭にも書いたような「誠実さ」を重視したいところ。
何事も誠実に向き合うことで見えてくる景色もあると思うんです。
誠実という言葉についても今年のどこかでちゃんと定義できればいいなと。

コメントを残す