#6596

心理的節目


今日の出来事

五連休1日目。00時就寝12時半起床。

仮想通貨、なかなかひどいことになってきましたね。
自分がホールドしているメタバース銘柄に何か悪評がついたわけではないのですが、
すべての仮想通貨を先導するビットコインが完全に弱気になってしまっているため、
他の銘柄もほとんどがそれに追従して値を落としているという……。
日足チャートを見ると、
2021年に一度6万ドルの大台に乗ったあと05月にエネルギー効率の件で大暴落し、
そのときの底値は28,805ドルでした。
そこから一度5万ドル台まで回復したあと秋口にもう一度プチ暴落があり、
そのときの底値は39,600ドルでした。
いずれも、五桁ドルを割ってすぐのところで底値を付けていることになります。

なので今回も同じようなところが心理的節目になると思うんですよね。
現在約41,000ドルですが、4万ドルを割るかどうかがかなり注目されると思います。
4万ドルを割ったところで底値と判断されて大量に買われて暴騰するか、
それとも3万ドル台も真っ逆さまに落ちていくのか……。
週足チャートでは売りシグナルであるデッドクロスが成立してしまっているので、
長期的にはここからさらに落ちるシナリオもあり得ると思います。
しかしそうなると、仮想通貨市場そのものが絶望視されて完全に崩壊するのでは……。
さすがにそこまでの事態になるとは思えませんが、どうなるかはわかりません。

さて今日は年末年始に休みが少なかった分の代休でした。
去年末にバタバタしていて行けなかった運転免許の更新に行ってきました。
14時に受付終了とのことでギリギリまで寝て、13時57分に到着。
さすがにここまでギリギリを攻めたつもりは無かったのですが、
電車やバスの関係で遅くなってしまいました。
しかし自分と同じバスに乗ってきた人もワラワラと更新手続きに向かったため、
その一団を最後として受け入れてくれることになりました。
手数料支払い、視力検査、暗証番号設定、写真撮影、そして初回講習。
講習は2時間の予定でしたが1時間半ほどでアッサリ終わりました。
いずれにしろ公共交通機関しか使わない自分には縁の無い話です。
いざというときに運転できるように慣らしておきたい気持ちはなくもないものの、
コスパが悪すぎるので例のレンタカー作戦は一度も実現していません。
まあ、東京都内にいるかぎりはこれでいいのかなと。
地方に旅行に行きたいときに困るくらいですね。

試験場を出てバス、電車を乗り継ぎ最寄り駅に帰ってきて早めの夕食、からのカフェ。
カフェでは今年初の読書が捗りました。
去年後半は本当に読書をおざなりにしてしまったので、多少なり挽回したいところ。
勢いをつけるために最初の2冊にはあえて多少胡散臭い自己啓発本を選びました。

あと帰りにMacbook用の外付けBlu-rayドライブを買いました。
去年一年間、音楽関係がかなり衰退してしまいましたが、
これはもはや時代遅れと言ってもいいアルバムのリッピング作業が面倒なのも
衰退に加担した原因のひとつなのではないかと思っています。
そして去年末にMacに替えたことでメイン機にディスクドライブがなくなりました。
しかし、かといって今後リッピング作業のときだけWindowsを起動するでは
かえって手間が増えてますます音楽離れが進んでしまいます。
なのでディスクドライブは音楽趣味を支えるためにはマストアイテムかなと。
DVD、BD再生機能はおまけみたいなものですが、
しかしそれにしてもBlu-ray再生機能が付くだけでこんなに高くなるんですね。
17,000円ほど取られましたよ。
その代わり2,500ポイントほどついたみたいで、
店員さんがテンション高めに「見てくださいこれえげつないポイントついてますよ!」
と教えてくれました。店員さんがフレンドリーなのはいいことです。

帰宅後は例によってグダグダと過ごし今に至ります。
やはり自分はカフェ等で頑張るしかなさそう。
まぁでも、今度の定期は新宿、渋谷、東京駅は行き放題なので
これをうまく活用して都心のカフェを渡り歩くなどしてうまく凌ぎたいですね。
今日みたいに早い時間からずっと同じカフェに居るのもあんまり良くないし。
明日は川崎で健康診断の予定です。
特に考えずに川崎にしたけど、こんなことなら都心部にすれば良かった……。
予約時点でまだ現場が決まっていなかったのでどうしようもなかったのですが。

コメントを残す