#6719

過剰な環境


ゲームのプレイ日記

息の長いブームになっている『Apex Legends』。
自分にとってゲーム1タイトルは半年持てば上々というのが通例でしたが、
これにかぎっては軽々と一年を超えてもなお続きそうな気配です。
なんかもう、子どもの頃で言うところのスマブラみたいなポジションに落ち着いた感がありますね。
ゲーマー同士ならまずApexやっておけば話題に事欠かないという。
なのでそういうコミュニケーションツールとして今後もやっていきそうな気配です。

転売対象としてかつて話題になり最近はそろそろ鎮火しつつあるPS5も、
Apexのためだけに買ってもいいかなとは思っています。
が、まだ時期尚早かなー、と思いながら半年以上経っているという現状もあります。
PS5版Apex Legendsは今春に正式リリースされ画質の良さが評価されていますが、
期待されていた120fpsには対応していません。
そうなると基本的には画質がいいだけで他はPS4版と同じと言っても過言ではなく、
それでは5万円もかけてハードをグレードアップする理由になりません。
まあ、120fps対応したら買うに値するのかと改めて言われるとちょっとアレですが……。

しかも、自分のモニターは120fpsには対応していないどころか4Kにも対応していません。
なのでPS5のスペックをちゃんと活かそうと思ったらまずモニターから買い換える必要があり、
仮にブラビアの大型テレビでなおかつ最新機種とかだと高いもので30万円以上します。
こうなるともはやこっちがメインの買い物になってしまう。
仮想通貨も大暴落しているいま、35万円をポンと出すのはさすがに厳しい、
というか値段相応に活用できる自信がない。

PS5自体は、将来的にPSVR2が登場する予定となっているのでこれが買う理由にもなります。
というか実はPS4を買ったのもVRゲームを見据えてのことだったのですが、
結局ロクなVR対応タイトルが出なかったので初代PSVRは買わずじまいという……。
なのでPSVR2もソフト市場が冷え込んだままだと初代同様見送る可能性があり、
そうすると2機種連続で空振りという悲惨な結果になってしまいます。それもなるべく避けたい。
そういった事情を考えると、決して欲しくなくはないし、Apexは高画質でやってみたいものの、
PS5を買うのはいまではないような気がしてならないんですよね。

昨今の自分を鑑みるに、この状況で特定のゲームタイトルがPS5を買う動機にはなりにくいのかなと。
それよりもPSVR2でできるゲーム以外のコンテンツが決め手になりそうな予感がします。
YouTube、Netflixといった既存サービスがPSVR2に対応するとか、
あとはVRと親和性の高い新技術としてのメタバースがどこまで対応するかとか、
3Dペインター、3D映画などの独自コンテンツがどこまで充実するかなどなど。
なんかAppleがApple Watchに続く新ハードとしてVRゴーグルを開発しているという噂もあり、
その辺をライバルとして想定するとやや厳しい気がしなくもないですが、
まだまだ未定の部分も多いため、来月のE3など今後の情報に注目したいところ。

まあそんなことより、まずはもっとApex上手くなれよという話なんですけどね。
環境を整えるよりもまず先にスキルアップしたい……。
果たしてシーズン13はプラチナ到達まで行けるのでしょうか。

コメントを残す