#6726

若返ったロボット


今日の出来事

日付が変わる前に消灯したいのでちょっと急ぎ目に書きます。
昨夜は当然のように完徹成功し、
しかも日中も対して眠くなく、それどころかいま現在もそこまで眠くないという。
これが……老化というやつなのか?
いや、でも世間一般的にはむしろ歳を取ると徹夜は難しくなるとよく聞きますが……。
自分の脳みそはむしろ若返っているのでしょうか。んなわけないか。

昔は完徹を乗り切ったあとの強烈な眠気に身を任せて寝ることが多かったです。
あれはあれで24時間以上我慢した眠気を解き放つ快感はありましたが、
強烈すぎる眠気というのは経験上、深い眠りになりにくい傾向にあります。
ああいうときはたいてい4時間も経たずに起きてしまって、
完徹後の4時間睡眠だからその後また昼になると眠くなってしまうという、
壊れたロボットみたいな生活リズムになっていた記憶があります。
それを繰り返すと頭と身体の休止タイミングが完全にズレていよいよまともでいられなくなります。
自分はそうやって大学生活をドブに捨ててきました。
その点、昨今はいちおう健全な時間にそこそこいつも通りの眠気で就寝できているので、
完徹後に生活リズムを立て直しやすくなっている感はあります。
だからといって、昨日みたいなことが良いわけがないんですけどね。
欠勤1日で数万円損していることを改めて自覚しないと……。

とはいえ、徹夜によって生み出した膨大な時間によって、
今後自分は何をすべきかについていろいろと考える機会を得られたのは良かったかなと。
最近は目下の目標と言えるものがなくて若干迷走状態でしたからね。
そう考えると、徹夜も決して悪いことばかりではないような気がします。
先ほど大学時代はドブに捨てたと書きましたが、
有り余った膨大な時間でいろいろな考え事をしていたことがいまに活きている可能性は否めません。
そう思えばまったく無意味というわけでもなかったのかな。

ともあれ、ここを乗り切って生活リズムが安定してきたら、
そろそろやるべきことに着手したいところです。って最近定期的に書いている気がする。
自分はいつになったら着手できるのでしょうか。

コメントを残す