#6727

崩壊した生活


今日の出来事

まずい、非常にまずい。
ゴールデンウィーク明け以来、完全に2日に1日しか寝ないリズムになっています。
それにより会社に行くどころではない日がちょいちょい発生しており、欠勤率が上がっている。
思い返せば実家帰省最終日に生活リズムが崩れてから一度たりとも元に戻っていないという。
徹夜が「当たり前」のように感じるほどの生活リズムの崩れ方は、
間違いなく社会人になって初めてです。
休職中のわずかな無職期間中、徹夜リズムになったことはあったのでそれ以来ですかね。

遠隔アラーム、IoTを使った照明の自動ON、、ASMR、睡眠の質を向上する栄養食品等々……
かつてないほど具体的にいろいろやってきた結果がこれってひどすぎませんか。
これまで、原因は1時間半もかかる長距離通勤のように考えていましたが、
思えば2021年に行っていた現場はそれよりも早い起床時間だったのに
1年間を通じて寝坊が原因で休んだことは皆無であることを考えると、
どうも原因は長距離通勤ではないような気がします。

もうひとつの原因としては、
そもそも起きられなくて遅刻することになっても大して痛くないということです。
まず、給料に余裕があるので遅刻や欠勤をしたことによる控除がデメリットになっていない。
仮想通貨取引で金銭感覚がずいぶん壊れてしまったのもその後押しになっていると思います。
数万程度の損失も「仕方ないか」で済ませてしまっている。
前職は給料が数万円引かれたら最悪その月の家計は赤字になりかねなかったので、
それが絶対に遅刻できないという意志を持つ理由にもなっていました。でもいまはそれがない。

加えて、いまの会社はゆるゆるなので朝礼も終礼もなく、そもそも朝にいる必要がない。
というか社内コミュニケーションの機会が少ない。遅刻欠勤しても何も咎められないんです。
仕事に支障をきたしているわけではないし、控除される以上会社に迷惑がかかるわけでもない。
何も言われないのは完全に社会人としての自己責任の範疇だからでしょう。
この会社はただ会社にいることで給料をもらっている感があり、
それは端的に言えばやり甲斐がありません。
仕事も決して忙しくないし締め切りにも余裕があるので、ますます毎日いる意味がない。
結局、その緩さによって就業意欲がどんどん失われているような気がします。
やはりブラック会社に5年も在籍していた自分は、ブラックな方が合っているんでしょう。
むしろブラック会社にいたおかげでいままで生活リズムが保てていたのかも。

しかし、かといってまだ転職して2ヶ月というこのタイミングでの再転職は厳しい気がします。
転職先の会社に「前の会社は生活リズムが崩れる原因だったので辞めました」
なんて言えるわけがない。
それに、いまの会社で担当しているプロジェクトは自分にかなりマッチはしているので、
せっかく手にした適正プロジェクトから離れるのはあまりにももったいない。
なので原因は会社にあるとしても、どうにかして自力で解決したいところではあります。
まあ、いまのところ打開策は何も思いついていませんが……。
これだけいろいろやってダメとなると、一体何が有効なんだろう?

ひとつだけ望みがあるとすれば、ここ3ヶ月間主治医に何も相談してこなかったので、
改めて事情を話して処方されている薬を変えれば状況が好転する可能性はあるかも。
過去2回の通院はどちらもスケジュールの都合で別の医師が担当したため、
主治医ではないからという理由で薬を変えてもらえなかったんですよね……。
ただ話を聞いて終わりなのに1,500円ほど取られるのも随分理不尽だなと思いましたが。

とにかく、目下の自分の課題は生活リズムを戻すこと。これに尽きます。
生活リズムが崩れているといろいろなことが停滞しがちなので、
どうにかして早期の解決を目指したいところです。

コメントを残す