#6746

箱の設計図


web制作

今日は5ヶ月ぶりに稲城市の温泉に行ってみました。平日に行くのは初めて……のはず。
いつもの温泉と比べると学生が少なく混雑していなかったのでこちらの方が快適に感じました。
駅近で移動時間がかからない分、退勤後に行っても23時には帰宅できるのも嬉しいところ。
しばらくはこっちを優先するのも良さそうです。

さて、今日はとあるプロジェクトのためにDockerコンテナを作っていました。
年初来からあった計画ですが、
5ヶ月間机上の紆余曲折を経てようやく具体的に動き出した感じです。
ただ、これを公にできるのはまだまだ先、というかそもそも実現するかどうかもわかりません。
計画の規模としては2008年の「2010年計画」に近しいところがありますが、
あまりにも未熟だった当時と比べれば今回の方がまだ実現可能性は高いと踏んでいます。
結局2010年計画は予定通りにリリースはしたものの間に合ったのは形だけで、
具体的な計画は何一つ実現しなかったんですけどね。ああはなりたくないなあ……。

具体的な行動を起こすまでの道のりもなかなか険しかったですが、
それについてはまた後日書くとして、Docker構築も久々ということもあってかなり苦戦しました。
Dockerとは、超ざっくり言えばパソコンの中に仮想のミニパソコンを作るアプリ。
しかもその仮想ミニパソコン(コンテナと言います)はコマンドひとつで作成することができ、
またコンテナの設計図を書けばそれに基づいてクローンを好きなだけ作ることもできます。
なんでこれを作るのかというと、目的は主に2つ。
まず、web制作はそのプロジェクトによって必要な環境設定が微妙に異なります。
しかしプロジェクトを切り替えるたびにパソコンの設定を変えるのは煩雑なので、
プロジェクトごとに環境設定を定義したパッケージを作りたいという目的があります。

そして、そのパッケージを他の人にも配布できるようにするというのが第2の目的。
Githubなどにパッケージの設計図ごとアップロードすれば、
開発に参加したい人はコマンドひとつで同じ環境パッケージを手元に再現できます。
共同開発するのにお互いの環境が違っていると、個々人の環境によって挙動が違ってしまいます。
そういった面倒事を吸収するためにもDockerは必須というわけです。

まあ、いまのところこのプロジェクトを誰かと一緒にやる予定はないのですが。
でも将来どうなるかわからないし、Macとは違う環境にインストールするニーズもあるだろうし、
後々のことも考えてコンテナに入れることにしたわけです。
ただ、コンテナの設計図(Dockerfile)も久しく触っていなかったので、
書いたはいいものの不具合が出まくりでなかなか苦戦しました。
今日で一通り書き終わりましたが、これが最適解であるという自信はまったくないので、
今後は動作確認をして検証していくことになると思います。

大規模なプロジェクトを1人でやるのに一番の障壁となるのはモチベーションの問題です。
たぶん、今回のこれも無策のままではどんなに技術的なハードルを越えられても、
途中でモチベ不足に陥って宙吊りになってしまう可能性が高いです。
というより、過去の自分を鑑みるとほぼそうなる気がする。
webサイトをイチから作るというのも7年ぶりなので、ブランクがありすぎるのも心配。
その辺のメンタル面については作りながらより深く考えていく必要がありそうです。

今日は01時就寝07時起床、アラームが鳴る前に自然覚醒しました。
なんとなく一番起きるのがキツいイメージのある月曜日は比較的安定しているような……。
いままでの傾向からすると、実際に一番朝ツラいのは水曜日ですね。次点で木曜日。
明日の火曜日は3番目にツラい曜日といったところでしょうか。
というかいい加減不眠症も乗り越えないとなあ……。
くだんのプロジェクトもこれのせいで停滞したと言っても過言ではないし、
とにかく自分にとって過剰な睡眠は人生の敵です。

コメントを残す