#6791

時代を超えて叩き続ける


ゲームのプレイ日記

ひょんなことから『』最新作のサントラを買い逃していることに気づきました。
IIDXだけは時代が変わってもコンスタントに毎年新作を出し続けていてすごいですね。
もはや1年周期が早く感じてしまう……。
5,500円と音楽アルバムにしては破格ですが、来月の音楽再生数統計に合わせて買う予定です。
ついでに音ゲー関連の動画も久々に見て回ってみると、たまには面白そうだなと。
IIDX 29は最低1クレジットはやらないとIIDX 19から引き継いでいるデータが消えてしまうので
次作稼働までに一度は行くとして、しかしやはりこの生活でゲーセン通いは厳しいです。
そもそもコロナでやや抵抗感があるし、21時半帰宅から遊びに行くのも無理がある。
かといって休日オンリーでなまったウデが戻るはずもなく。
音ゲーってストレス解消にはすごく良い娯楽だとは思うんですが、ややハードルが高いんですよね。
大学院時代の自分はよくもまああんなにやってたもんだ。

いまとなっては当時のように雪道1時間歩いてまでゲーセンに行く体力もやる気も無いですが、
その代わり『 INFINITAS』というPC用タイトルが存在するため、
あとは専用コントローラーさえあればローコストでやり放題……なのですが、
2011年当時と同じく、いまだに専用コントローラーが品薄らしい。
2004年販売のPS2版にプレミア価格がついた当時と同じようなことが
2019年再販版にも起きているようで、なんというかもったいないことをしているよなあと。
なんらかの事情でコナミ側は作れば作るほど損なんだろうか?
どう考えても需要はあるんだからどんどん作ればいいのに。

まあ、IIDXをやってみたい気持ちはありますが
自分のモチベを冷静に客観視すると10クレも遊べば満足してしまいそうな予感もします。
そうなるとINFINITASのプレイ環境を整えるのもコスパが悪そう。
調べてみるとiOS向けにも公式アプリが存在するようなので、
かつての『』みたいにiPadを音ゲー専用機みたいにして遊んでみるのはアリかもしれません。
それでタップではなく物理キーが恋しくなったらアーケードデビューすればいいかなと。
せっかくiPadも持て余しているので前向きに検討したいと思います。

今日は01時就寝03時起床。死ぬほど眠いので仕事関連の話はまた今度。

コメントを残す