#6824

端末の二極化


デジモノ

今年の自分に顕著な傾向として、使うデバイスと使わないデバイスの二極化があります。
特にスマホがコミュニケーションツール、あるいは動画・・ラジオ等再生機器、
あるいは漫画・一般書籍等の電子リーダー、あるいはゲーム機、あるいは調べもの用端末等々、
あらゆる方面で手軽かつ便利なんですよね。今更言うまでもないんですが。
自分はスマホを取り上げられたら割と冗談抜きで精神不安定になると思います。
それくらい生活とスマホが切り離せないものになってきている。

そしてスマホがますます手放せなくなる一方で、スマホ以外の端末は遠ざかりつつあります。
正確にはスマホとmacbookですね。この2台ですべて事足りてしまう。
今春には仮想通貨で大勝した勢いでiPad Proを買いましたが、
あれだけ欲しい欲しいと思っていたわりには活用できていません。
それはなぜかというと、やはりスマホやPCと役割が重複するところが多いからなのだと思います。
スマホでできるなら、それはもうスマホで完結してしまった方が早い。

同じようにスマホが強力すぎて触らなくなった端末が、Nintendo Switchです。
ゲームに飽きたわけではないけれども、スマホで消費できるエンタメ類が強力すぎて、
わざわざNintendo Switchを引っ張り出してこようとは思わなくなってしまった。
その影響で任天堂のタイトルを遊ぶ機会が激減してしまいました。
3』はたぶん買わないし、ポケモン最新作すら買うかどうか怪しいです。
買ったところで積むのが目に見えているので……。
まあこの辺は『』が息の長いコンテンツになっている影響も多分にあります。

そんなわけでますますスマホ一強になりつつある昨今ですが、スマホも無敵ではありません。
選択肢がありすぎて逆に選べなくなるのか、
電車の中で暇を潰そうとすると意外とどのアプリも欲求を満たすには不十分に思うことがある。
触れている時間があまりにも長すぎるので、マンネリに陥りやすいのだと思います。
電車に乗っている時間に手持ち無沙汰になることは本当に時間の無駄という感じがするので、
その隙間時間を埋めるためにもう少し試行錯誤する必要がありそう。
いろんなコンテンツに躊躇なく踏み込む勇気もときとして大事なのだと思います。
あんまり同じアプリばかり触れていると新しい何かに触れる勇気が欠落してしまう気がする。

コメントを残す