#6827

ジャンク市場の魅力


今日の出来事

とある用事のために半休を取って秋葉原に行ってきました。
近年秋葉原は廃れたと言われるようになって久しいですが、
それは白物家電を取り扱う家電量販店がネットや地方に分散したという意味ではそうですが、
実際に歩き回ってみると電子部品やパソコンパーツ関連を売る店の規模としては、
いまもなお秋葉原ブランドの名に恥じない規模を誇っているように見えました。
電子部品、デジタル機器などは新品よりも中古品を取り扱っている店が多い印象で、
特に一般的な店では見られないようなジャンク品の取り扱いが多かったですね。
そこそこスペックと思われるノートパソコンがわずか3,000円で売っていたり。
本物のパソコンオタクや電子工作が好きな人にとっては垂涎の街だと思います。
とはいえ街そのものはそこまでアンダーグラウンドな雰囲気はなくて、
繁華街とオフィス街の間の子みたいな感じでした。
歩いている人の属性もまちまちで普通に若い女子も歩いているし。
ただ、深夜帯は風俗店のキャッチもあるので出歩かない方がいいらしいですが……。
秋葉原での用事が終わったあとはそのまま半日遅れて会社に出勤して、
業務後は汗だくになりながらスーパー銭湯に向かってガッツリ汗を流してきました。

あっという間に終わった今週ですが、
今週一週間を通じてようやく生活リズムの矯正の仕方が身についてきた気がします。
やはり、教訓としては徹夜はNG。なので徹夜しないということをまず目指すことになります。
徹夜になるということは寝るべきではない時間帯に寝てしまうことが主な原因ですが、
かといって無理やり起き続けてもなかなか生活リズムの維持は難しい。
なのでいままでは夕方などに起きてしまったら徹夜をするのが矯正の近道だと思っていましたが、
結局長い目で見ると徹夜は生活リズムを悪化させることの方が多い気がします。
じゃあどうすればいいのかというと、
昼間たくさん寝てしまったとしても、本来寝るべき時間に睡眠薬やアルコールを飲んで無理やり寝る。
その結果2〜4時間程度ですぐに目が覚めてしまいますが、それでいいんです。
本来寝るべき時間に少しでも寝ただけで随分と翌日のポテンシャルが違ってくる。

これまで、どうしようもなく昼夜逆転してしまった日は会社は欠勤して、
その代わり深夜〜夜明けの時間帯に仕事をするということもあったのですが、
これだと実質無給で働いているのと同じになり、どうにかできないものかと悩んでいました。
しかし今週は欠勤もゼロでその意味ではかなり本調子に戻ってきている感があります。
あとは再び崩れないようになんとか維持していきたいところ。

コメントを残す