#6830

欲求の基盤


自分

自己実現などを語る際によく出てくる「マズローの段階欲求説」ですが、
自分はこれを普段の生活でも実感することがよくあります。
マズローの段階欲求説では、低次の欲求が満たされて初めて高次の欲求が芽生えるとされています。
ざっくり言うと生理的欲求が一番下の土台に位置し、
次に承認欲求などの社会的欲求、それをも満たされると最上位の自己実現欲求が芽生えるという。
現代(の日本)では生理的欲求が慢性的に満たされないような環境で生きている人は稀なので、
より高次な承認欲求を求め、それが満たされずに不幸を感じている人は多いです。
おそらく自分もそのうちの一人だと思っています。

しかし、承認欲求に飢えるのは生活基盤がしっかりしてこそなので、
生活基盤が揺らいで生理的欲求が満たされなければ当然、承認欲求どころではなくなります。
生理的欲求には睡眠も含まれ、その点では自分は生活基盤が揺らぎやすい体質と言わざるをえません。
自分は基本的にネット活動は承認欲求が満たされることを期待していて、
それを原動力にして努力しているところがあるので、
承認欲求どころではなくなれば当然ネット活動は停滞します。
こういう事情があるので、
いままでネット活動を長期的にコンスタントに継続したことって無い気がする。
睡眠リズムが崩れた時点で原動力を失うので、意欲の波が大きすぎるんですよね。
やるときはガッツリやるけど、やらないときは徹底的にやらない。
これはある意味ネット活動に向いていないとも言えると思います。
定期的に消息を絶つようではフォロワーは増えなくて当たり前ですし。

学生時代と違って昨今の自分はもうそんなにネット活動を重視していませんが、
それでも生活リズムによって意欲が不安定になる現状では何かを生み出すことはできません。
ここ一週間でようやく安定してきた生活リズムも、なんとかこのバランスを維持したいところです。
生活リズムが良いことがいろんなことの前提になっていると思うので……。

コメントを残す