#6859

音域拡張の可能性


音楽

早くも大活躍中のAirPods Pro。
しかしAirPods Proでドルビーアトモス(空間オーディオ)を試すためには、
現状新規のサブスクに加入するしかない。そしてその筆頭候補がApple Musicなのですが……。
これは非常に悩ましいところです。
なぜならApple Musicは以前加入して、
音楽ライブラリの同期周りに不具合が多すぎてうんざりして解約したという経緯があるためです。
具体的には、サブスクに契約するとクラウド経由での同期になるのですが、
プレイリスト等は即時同期されるのに再生数はかなり気まぐれで抜け落ちも多いというもの。
毎月決まった日に再生数の記録を残している自分にとっては致命的な仕様でした。
これが改善されていれば、むしろ即時同期してくれれば利便性が向上するのですが……。
その辺は加入してみないとなんとも言えない怖さがあります。

とは言え、肝心の空間オーディオ楽曲が現時点では少なすぎるというのも悩ましい。
自分がアルバムを所持しているアーティスト408人のうち、
空間オーディオを提供しているアーティストは見事に皆無ですからね。
これ加入する意味あるんだろうか?
なのでまあ、この辺のラインナップが充実することが加入の必須条件かなと思っています。
欲を言えば空間オーディオもサブスクではなく売り切り音源で聴きたいんですけどね……。
もうそういう時代ではないと言われればそれまでですが。

AirPods Proは早くも耳に馴染んでいて、音楽を聴くのがまた一段と楽しくなりました。
やはり、フラットかつメリハリのある音を出すので
アンビエントやエレクトロニカといったインストゥルメンタルで真価を発揮する印象。
ここ数年自分の中で神格化が進んでいるAphex Twinがますます好きになりました。
テクノポップやエレクトロニカとの出会いはほぼ同時期の2009年ですが、
テクノポップで初期にヘビロテした楽曲がさすがに色褪せて聴こえるようになったのに対して、
エレクトロニカで最初に知ったAphex Twinはまだまだ深掘りの余地がありそうなのがすごい。
最後にリリースしたアルバムから早8年。そろそろ次を期待したいところですけどねぇ……。

コメントを残す