#6860

続けざるを得ない環境


web制作

ブログを書くことが実生活上の負債にしかなっていない今日この頃……。
20周年を待たずになんらかの手を打った方がいいような気がしてきました。
ブログを書き続けるメリットや辞めるデメリットといった合理性から考えるのではなく、
どうやったら続けられるのかという具体的な方策について考える段階なのかなと。
合理性で言えばもう非合理であるという結論が出ちゃってますからね。

どうしたら続けられるかという視点で思い浮かぶブログ執筆環境の問題点は主に2つ。
1つ目は、当日内に書かずに書き溜めても特にペナルティが無いということです。
逆に言えば、当日内に書き切ったとしてもなんら報酬となるものがない。
これも随分前に一度考察したことがありました。
ブログを書いたらご褒美に何か消費しようとかなんとか。
ただ、結局そのルール自体を破っても何も言われないので最後は自制心任せなんですよね。
心が安定していれば自制心もある程度信頼はできますが、
生活リズムが崩れることもある自分にとっては眠気との戦いになってしまうともうダメです。
自制心は眠気という生理的欲求にはまず勝てません。

これについての対応策として以前から気になっているのが「みんチャレ」というアプリです。
これは同じように習慣化を目指す匿名の5人が集まって、習慣化したい行動を報告しあうというもの。
他者の目に晒されれば自制心だけに頼らずに済むので確かに習慣化の助けにはなるような気がします。
ただ、これに一度加入すると後に退けなくなる怖さがありますが……。
あとは同じようなアプローチとして、
「ブログのアクセス数はどうでもいい」というこれまでのスタンスを転換して、
多くの人に見てもらえるようなプロモーション活動をするというのもアリといえばアリかも。
ブログというプラットフォーム自体がもうオワコンなので存在するのかどうか知りませんが、
たとえばブログの新着記事を自動投稿できるようなポータルサイトに登録するとか。

もうひとつはスマホ依存が強すぎてブログを書く機会が奪われつつあることです。
最近はもう業務後のフリータイム=スマホでダラダラが定着しつつあり、
なおさらパソコンを開いてブログを書くことにハードルを感じてしまっているのが実情です。
スマホが便利すぎる上に寝っ転がっても使えるのが強すぎるんですよね……。
これについては、シンプルな方策として「スマホでも書けるようにする」というものがありますが、
それはそれでハードルが高いんですよね。
まず、自分にとってマストな機能が盛り込まれたエディターがなかなか見つからない。
見つかったとしても書いてからWordPressに投稿するまでの手間を解消しないと意味がない。
そしてそもそもの問題として、スマホではタイピングが遅いのでパソコンで書いたほうが早い。
結局のところ、それをするなら枕元にMacbookでも置いた方がいいという話です。

コメントを残す