#6963

雲の上のサンドボックス


ゲームのプレイ日記

実家帰省中に初のクリア後ダンジョンクリアを果たした『風来のシレン5plus』ですが、
今日はさらに2つ目のクリア後ダンジョン「ゲンさんのシマ」をクリアしました。
このダンジョンはかなり変則的なルールとなっており、
なんとシレン(プレイヤー)が罠を回収しアイテムのように取り扱うことができます。
また通常敵は罠にかからないのですが、このダンジョンでは例外的に罠に引っかかります。
罠を利用して進むというのがこのダンジョンの特徴ということになります。
さらに、このダンジョン限定の罠「決闘のワナ」に引っ掛けてから倒すと敵が仲間になることがあり、
敵のチカラまでも利用して攻略を目指すという趣向です。

かなりシレンに有利な特殊ルールとあって、クリア後ダンジョンの中では最も簡単な部類だそう。
事実、「人生の落し穴」と違って特に苦戦することなく3度目の挑戦であっさりクリアしました。
次に挑戦するとしたら「異次元の塔」でしょうかね。

あと今日はweb系作業は進みませんでしたが、代わりにマイクラのサーバーを建てていました。
マイクラを知ってからいつか建てることになるだろうと思っていたサーバーですが、
元同僚と遊ぶようになってついに現実的なニーズが生まれたため、試してみることにしました。
というのもNintendo Network経由での遊び方ではどうもバグが多すぎるんですよね。
これがNintendo Switchのスペック不足なのか、ホストの設定が悪いのかはわかりませんが、
バグのおかげで全ロストする事故もたびたび起きているのでなんとかしたいと思っています。
そこで、自力でサーバーを建てたらどの程度快適に遊べるかをテストしようと思ったわけです。

VPSはすでに年契約で借りているので、そこにDockerコンテナを作って稼働することにしました。
いまはDockerを使えばいとも簡単に設立することができるんですね。
昔はMinecraftサーバーといえばある程度ネットワークの知識が必須というイメージでしたが……。
ただ、持ち前のVPSは設定を全然いじっていないので権限回りでエラーが出まくり、
Github経由でコードをやり取りしようと思ったのですがそれは結局うまくいきませんでした。
なので仕方なくターミナルからコピペでdocker-composeの設定ファイルを移動。
まあ1ファイルなのでこの作業も言うほど不毛ではなかったです。

で、いざ起動してスマホ版マイクラからIPアドレスを打ち込んでみました。
なんと、たったこれだけでなんの違和感もなくマイクラが遊べている……。
十年以上サーバー設立を躊躇していたのはなんだったのでしょうか。
とはいえ十年前はDocker知らなかったけど。

ただ、この方法での設立はSwitchで遊べず、そもそも従来の世界を移転できるわけでもありません。
あくまでも動作テスト、もしくは自分が個人的に遊ぶためのサーバーとなります。
元同僚と遊ぶためにはやはりMinecraft Reamlsへの課金は必須になりそうですが、
果たしてそれで快適になるのかどうか……。どうもSwitchの限界のような気がするんだよなあ。

ともあれ、マイクラのプレイ環境についてはもう少し試行錯誤しようと思います。
ついでにVPS環境もいい加減ローカルのzshくらいには快適に動かせるようにしたいところ。
そんなこんなで11連休が終わり、明日から本格的に2023年が始まります。
とはいえ転職の決まっている自分としては今月内の仕事は消化試合といったところでしょうか。
モチベが上がらなすぎて困っています。

コメントを残す