#3469

風物詩との別れ

08月第二土曜日と日曜日は、毎年祖父母の地元と実家の地元で花火大会があります。 特に前者の方の花火大会は物心付く前から毎年見続けてきたもので、 大学時代までは毎年恒例のイベントとして楽しんできました。 ところが2011年辺りから花火大会やお盆シーズンすら親戚の集まりが悪くなっていき、 次第に自分の中でも「これは習慣だからこそ見ているんだ」 という使命感みたいなものが花火そのものへの期待より先行するようになりました。 他のメンバーがほぼ集まらないという理由で一旦は行かないと決めたものの、 実家帰省の移動のつい  [続きを読む]