#6000

或る休日の午後

窓から見えるペデストリアンデッキを歩く人波が途切れることはなく、 その下をバスや車が潜っていく。 街を照らす日差しは暖かく、季節がそろそろ変わることを予告していた。 歳のわりに小柄で、地味色のパーカーを羽織っている少女は、 窓の前に整然と並んでいるカフェの一席に深く腰掛けていた。 椅子が高すぎるのか、足は床に届かずに放り投げられている。 窓に並行してずらりと並んだ席はすべて埋まっていて、 少女よりは大人なのであろう人たちが、各々読書をしたり、小さなパソコンで何らかの作業をしたり、 あるいはずっと携帯をいじっ  [続きを読む]