#4916

幻想の壁

「難しいと思っているから難しい」というのは一種の精神論かもしれませんが、 何か新しいことや行ったことの境地を目指す場合、 いかに難しいと思わないかがわりと重要になってくるような気がします。 実は今日で『ピクミン2』チャレンジモードで自分が70万点を達成してから丸一年なのですが、 この一年間、ピクミン旧作から完全に離れることはなく、 かといってがっつり一日中やるような機会もなかなか持つことができず、 「総合点は気にしない」と宣言してからも結局総合点をちまちま上げ続けていました。 当時は70万ちょうどでピクチャ  [続きを読む]

#4911

否定的精神について

抽象的すぎることに悩むのも良くないと薄々感じつつ、 それ自体が悩みごとの主要テーマになりつつある今日この頃。 今日は『なんでもかんでも否定したくなる精神状態』への対抗策について考えてみたいと思います。 執筆開始時点では自分なりの考えはまったくまとまっていないのですが、 しかし最近、これに悩まされることが多いのは事実です。 それでいろいろと「これは嫌だな」と思ったときのことをあれこれと思い返してみると、 まず第一に「自分の言うことを聞いてくれないであろう相手」が 関わっていることパターンが多いように感じられま  [続きを読む]

#4910

軌道修正の季節

今月が終わってしまえばそこが2017年の折り返し地点。 やべーよ今年何もしてないよという焦燥感に駆られるのもこの時期恒例のイベントなわけですが、 そういえば今年は、というより去年から、自分は年間計画をあまり意識することがなく、 それ故にそういった焦りも薄かったように思うのですが、 その代わりふとしたときに「まだ何も出来ていない」という感情を思い出してしまったとき、 焦っていないことを焦ってどうしようもなく空虚に襲われてしまうようになりました。 行動しなきゃと一年間思い続けて結局実にならないのと、 行動しなき  [続きを読む]

#4905

環状思考

直近の自分の精神状態をざっくり振り返ってみると、 先週土曜会議辺りを最底辺として、一昨日のエントリーを書いたとき (公開日は06月10日ですが書いたのは当日内です)を契機に少し回復してきて、 週末突入時点では回復しきってはいないもののとりあえず最底辺から脱出した、 というくらいの実感です。 このとき、何故先週から今週中間までの自分は気持ちが沈んでいたのだろうと考えると、 しつこいようですが土曜会議がそのきっかけだったことは確かなのですが、 それ自体は過ぎ去ってしまえば引っ張る必要はないはず。 本当に自分の精  [続きを読む]

#4899

引き出される妄言

自分が持っている知識そのものと、 周りが自分に対して「この人はこれくらいの知識ならもっているだろう」というレベルがあるとき、 後者がたまたま前者を上回ったときの歯がゆさをどうやって受け止めるか、 というのは知識探求を続けていくにあたってわりと重要な問題であるように思います。 例えばコミュニティに所属し続けると「この分野はこの人が詳しい」というようなレッテルを 多かれ少なかれ認め合うようになると思うのですが、そういう期待の目で、 自分が詳しいと思われている分野でたまたま自分が知らないことについて質問された場合  [続きを読む]

#4895

五本目の柱

特設5代目の『ピクミンシリーズチャレンジモード大会』、 通称ピクチャレ大会が本日ちょうど21ヶ月にして10万アクセスを突破しました。 自分が運営してきたサイトのうち、 10万アクセスを超えたのは移転によるアクセス数引き継ぎを除けばこれで5つ目。 平均アクセス数は約157pv/日なので、このブログの全期間平均と同じくらいか、 もしかすると少し上回っているかも、という勢い。 さすがに実質前身のピク3同盟に追いつくには相当時間がかかりそうですが、 なにしろこれ以外の10万突破サイトはすべて2006年以前開設であり  [続きを読む]

#4889

錆び付いたアンテナ

『ポケモンGO』のアドベンチャーウィーク最終日ということで、 退勤路はコンビニに寄りつつかなりゆっくり走ってきました。 10kmタマゴが来なければ無理だろうと思っていたオムスターをはじめ、 10匹近くのいわポケモンを捕まえることができましたが、目標のプテラは影すら見れず。 まだまだ通勤のたびに新種が見つかっている段階なので何とも言えませんが、 やはり目標を絞って探す場合は同じような道を行ったり来たりは効率が悪そうです。 いつの間にか「近くにいるポケモン」がポケストップと共に表示されるようになっていて、 新種  [続きを読む]

#4883

音楽探しの拡張性

今夏はいわゆるライブを聴きに行くのもアリかなーなどと思う今日この頃です。 たまたま今日、会社で外出する用事がありました。 自分は営業職ではないので勤務時間中に外へ出る機会というのがとても限られるのですが、 この日はたまたまイレギュラーな役割分担で動かざるを得なくなった事情があり、 それで外出の役割が自分にお鉢が回ることになったと。 といっても同僚と一緒に然るべきところへ行くだけで、移動中は当然何もしなくていいため、 自分にとっては勤務時間中のちょっとした息抜きみたいな認識だったりします。 車の運転も同僚が全  [続きを読む]

#4877

忘却のための取捨選択

自分が何と言って言われたのか忘れてしまいましたが、 以前会社の同僚に「ものを忘れるのも必要なことだよ」というのを遠回しに言われて、 そう言われれば確かに自分はむしろ忘れるのが苦手なのかもな、と思ったことを思い出しました。 多分、その時の自分はネガティブな思い出を口走ったんでしょう。 ヒトの記憶する力には多少なり個体差がありますが、 何を記憶するかという取捨選択には人によってさらに振れ幅が大きくなります。 そしてその取捨選択をする基準になるのが、好奇心、人生観、 あるいはいっときの感情、そして精神状態といった  [続きを読む]

#4872

早朝に試される精神

九連休明け出勤日はとてつもない吐き気に苛まれながらの通勤でした。 仕事がうまくいかない等の理由で会社にいくと嫌なことがあるという確信があると、 こういう風に早朝に胃が不調になる原因になるんだそうですが、 閑散期の今、モチベ最底辺とはいえ特に自分が仕事で責められるような流れでもなく、 やっぱりこれは生活リズム激変による身体的な不調の現れなのかなぁと思っています。 同じような感じで大学院時代終盤にも早朝に吐き気が止まらなくなることがありましたが、 当時は休みの方が多いのが当たり前、大学に行くのはたまにしかないイ  [続きを読む]