NO IMAGE
#185

うえるかむまいほうむぺぇじ

また一人このホームページに来てくれるひとが一人増えました。 というのも今日の情報の時間に“著作権”の話題が出まして、 ここのトップイラストは著作権侵害じゃないのか、という。 要はゲームキャラクターのイラストを描いて載せてるんですよ。 下手な絵を。まぁ下手な絵でも著作権はありますから。 結論は著作権侵害。肯ける結論。 今度キャラクターの無い絵にしないと・・。 もしくはオリジナルキャラクター。 明日は休みなので、1枚ぐらい描こう...

NO IMAGE
#184

止まらない記録

8,344,675点。 ヒトフデの記録です。 新記録です。 僅か30万点の更新ですが、とても嬉しいです。 なにせ9日ぶりの更新ですから。 未だに1000lineの記録更新時、過去より劣ったことはないので、 まだまだいけそうな気もしています。 めざせ9,000,000点! 記録は底知れないものですね。 去年は1,000,000点で大喜びしていたのに。

NO IMAGE
#183

嵐の前の静けさ

これはビックリな機能ですね。 1日に日記が3件まで書けるとは。 これを機に、前々から予定していた新カテゴリ、「小説」 でも新しく始めようかなと思っています。 文学センスの無い僕ですが、こうして日記を書くのも(最近は別として) 結構楽しいので、小説も書いてて楽しいものかな、と。 まぁでも、かっきり今日から、というわけにはいきません。 春休みが始まったら取りかかろうと思います。 それから更新も。一日の、睡眠時間含め3分の2を一人...

NO IMAGE
#182

苦労という名の雪

今月は4日まで平常授業、9日までテストをして、あとは休みです。 長期の春休み。めちゃくちゃ楽しみです。 家には僕以外に休む人はいないため、独りの時間のつかみ放題です。 ホント楽しみ。こんな時間は滅多にありませんから。 でもその前に残り2日の苦労を乗り越えなければ・・。 テストは楽な上に半日ですし、もうどうでもいいですし、 明後日は休みで、あと本当は明日―水曜日は楽な日だったのですが、 忌まわしい武道のテストを受けなければいけな...

NO IMAGE
#181

歩き旅の話

学校を出た。 これから、はじめて、あるいて、帰る。 疲れるだろうな。 でも自由性はあるから。 隠しポケットからイヤホンを取り出す。 耳にラジオの向こうの人の声が飛び込んでくる。 足下は溶けかけた雪。 ぬかるんで時たま、転びそうになる。 そして寒い。 今は何時頃だろうか。 時計を見る。5時6分。 約束の時間はとっくに過ぎている。 ああ、今日も少ない数字が刻まれる。 両手をポケットに突っ込んで歩く。 肩から鞄を提...

NO IMAGE
#180

未だ嘗て栄光を見ず

体の調子も悪いのですが、最近ゲームの調子も悪いです・・。 ヒトフデもヨッシーも自分の限界に挑戦するゲームなので、 最近これらのやりすぎかなと思って、あるゲームに手を付けてみました。 その名も「どうぶつの森e+」。 前々から思っていたのですが、DS版の発売まで手を付けまい、 という封印が遂に解けてしまい、やってしまいました。 といっても今日の所は10分だけ。 これからじっくりずぶずぶとやっていきたいと思います。 なんと言っても...

NO IMAGE
#179

声が出ない

喉が枯れて声が出ません。 それと、なんだかカラダが衰弱状態でやる気の欠片もありません。 風邪、かな~。 困るなぁ・・。 せっかくの土曜日も、やろうと思えばできた更新も、 何もやらずに過ごしてしまいました。 相変わらずサボりたい放題。 明日こそは・・という意気込みが、続いてくれれば・・。 まぁ、がんばります。

NO IMAGE
#178

あなたに贈る詩 #3

いつか会える そう願ってる 夢の中で あなたを待つ 現実じゃ叶わないかもしれない けれど僕は幻想の世界から いつか勇気出して 自分で叶わせる日が来るはず 強い夢は叶う そう信じてる 夢の中で そう願ってる

NO IMAGE
#177

最後の木曜日

今日は3学期最後の木曜日授業でした。 木曜日といえば芸術(=書道)なのですが、 最後の最後で短歌作りをしました。 で、僕が作ったのは、 「清白を見かけず春を想う頃テレビの向こうも桜は見えず」 という、現状は冬なのに春の短歌です。 意味は、清白(だいこん)、つまり夕食におでんを見かけることも無くなって、 そろそろ春だと思いこんでいてもそれはなかなかやってこないという、 春を待つ一首です。 春が来たら続きの短歌を作ろう...

NO IMAGE
#176

あなたに贈る詩 #2

そうだよね いやそうじゃない 馬鹿なんかじゃない やっと気付いた 君は周りに影響されるんだよね 最近やっとわかった いつかケンカした時もあった でもそれもあれも全部思い出 歴史の深い友達である君は きっといつまでも忘れないだろう そうだよね やっと気付いた