会社一覧

NO IMAGE
#5069

高騰していく宝

連休初頭から苦しめられた風邪ですが、六日目にしてどうやら復調しました。 なんとなく風邪の名残のような感じもありますが、 まあこれは少なくとも回復傾向にあるとみていいでしょう。 大量の水分摂取に風邪薬、鼻炎カプセル、その他ビタミン剤等々を飲んでいましたが、 こういう薬を飲んだ割には回復の遅さは今まで最悪でした。なんなんでしょうかね。 まぁともあれ週末はひとまず三連休以上のことはできそうです。 生活リズム精神状態その他が崩れなければ...

NO IMAGE
#5060

最後の一人

あんまり他人の退職について書くのも良くはないと思うのでこれで最後にしますが、 先日、先月に続いてチームメイトの一人が辞めていきました。 その人は自分が今の会社に入社した時点でいたメンバーのうち、 後に合併により入ってきた上司を除けば最後の残っていたチームメンバーで、いわば先輩でした。 思えば2014年春以降の地獄のような一年、 あるいは二年を乗り切ったのはすべてこの人のおかげといっても過言ではなく、 自分がこんにちここまで生...

NO IMAGE
#5028

理不尽という名の坂道

身バレを防ぐために敢えて時期をずらして書きますが、 少し前くらいに自分にとって二人目の後輩として仕事をしていた人が辞めていきました。 またしても後輩に先を越された形になり、 この定着率の低さはいったいなんなんだろうと改めて思います。 一人目の後輩が若干年上だったのに対して、二人目は若干年下でした。 以前にも年配の人たちに「甘やかしすぎなんじゃないか」と言われてしまうくらい、 自分の責任下で一緒に仕事をするときは懇切丁寧に説明...

NO IMAGE
#5022

許容範囲を伝える

さてなんだかんだで三ヶ月連続残業フィーバーの週を経験するに至っているわけですが、 今月のピークはどうやら今日で突破することができたようです。 さらに偉い人との直接交渉&上司との話し合いの結果、 このまま行けば土曜日出勤不可避という状況から一転して秋分の日は休める方向へ。 先月も先々月も、繁忙期も五日目くらいになるといかにしてすんなり転職するか、 というネガティブな(ある意味ポジティブな)ことばかり考えていましたが、 ああいう...

NO IMAGE
#4988

二者択一の裏切り

繁忙期の最終日のはずだった金曜日ですが、 いろいろあって今日の分を週明けまでに終わらせれば良いということになったので 今日をほぼ定時退勤とする代わりに土曜日出勤が確定しました。 で、後輩と話をしていたら普段は自分と同じく土曜出勤は(会社に背いてでも)避ける後輩も、 午後からなら手伝えますということを言ってくれたので、 定時二日分を二日に分け、さらに補佐が入れば明日は上手く行けば早帰りもあり得るか…… と思っていたら。 明日のス...

NO IMAGE
#4987

表面的優等生

繁忙期の間にいつの間にか終わっていた甲子園、今年は埼玉県勢が初の優勝を飾ったそうで。 実は例のモニタ新調で去年の今頃買ったフルセグアンテナが相性の問題で使えなくなり、 かといって甲子園のために居間に移動するのもなあと思っていたところ、 朝日新聞公式サイトでほぼリアルタイムのライブ動画が配信されていたため、 今年は専らこれで観ていました。驚くべきことにスマホからも難なく視聴できるため、 休み時間のちょっとした時間にも観ることができる...

NO IMAGE
#4980

平坦を好まない人たち

以前に深夜残業の限界は24時くらいか、という話を書きましたが、 昨夜限界を超えた今日、それを裏付けるかのように無気力な一日を過ごしていました。 睡眠不足の場合、昼休憩前と退勤前がつらくなる傾向があり、 繁忙期ではない週の月曜日なんかはわりとそれに当てはまります。 平日型の生活リズムから見て休日の起床時間が大きくずれるからでしょうね。 あの疲労感というか、要するに眠気は気合いでどうにかなるものではなく、 特に時間に追われていないと...

NO IMAGE
#4978

半日没頭

お盆明け最初の出勤日は25時退勤というとんでもない残業三昧の一日でした。 お盆期間中にある程度仕事が溜まっているであろうことは予想していたのですが、 それに加えて繁忙期に備えた人員補充で素人ばかりになった今回は、 その膨大なカバーをほぼ自分一人で請け負わざるを得なくなったと。 そういうわけで連休明けから地獄の残業日でしたが、 どういうわけか約15時間ほぼ集中力が持続してくれたおかげで苦痛という感じはありませんでした。 長時間...

NO IMAGE
#4953

時間短縮のための伝達方法

繁忙期のおそらく山場であろう一日をなんとか23時退勤で乗り切りました。 23時は昨日書いた「一線を越えるかどうか」のボーダーラインをまだ越えていないレベルで、 まぁ山場にしてはそこまで無茶苦茶辛くもなかったという実感。 しかしそのせいか本当にやりきった感がなく、どことなく不安感の方が大きいです。 この不安は、まだあと一日あるからなのか、 手早く進んだためにかえって終了後にミスを指摘される可能性を恐れているからなのか……。 なんに...

NO IMAGE
#4952

深夜の境界領域

昨日、会社についての愚痴を書こうとして止めたと書いた件、 ぶっちゃけ一言で言えば後輩が責任感を持って仕事してくれないという話だったのですが、 今日はその後輩がたくさん残業してまで頑張ってくれたので自分の中ではあっさり解消しました。 ただ、ここまでやって今日はとりあえずなんとかなっているものの、 残り二日間は本当にどうなるかは分かりません。特に自分の担当工程では明日が大ピンチ。 前年度同時期の実績も退勤時間は日付変更線をギリギリ越え...