社会参加の問題一覧

NO IMAGE
#4986

世間体という名の檻

今回の繁忙期をきっかけに、来年こそは趣味の一年にしようかなと思い始めています。 そもそも今の会社に入った初年度は今週の繁忙期など比べものにならないくらい忙しく、 結果として2014年が自分にとっては趣味のネックボトルとなり、 超繁忙になっても存続できるものだけを2015年以降も維持してきました。 はっきりとした意志の下に他を切り捨てたわけではありませんが、 例えば2013年以前はあんなに盛り上がっていたモバイルアプリ界隈や、 ピ...

NO IMAGE
#4964

利己心について

前記事で、交際相手ができたことを報告してきた人間に対して 自分の倫理観では悪者だとぶった切りましたが、 冷静に考えてみれば一般的な価値観とはズレていると思うので、 この記事では改めて自分がいかに世間一般の感覚とズレているのかを考えてみたいと思います。 大分前に「リア充爆発しろ」などというネットスラングを生み出しているように、 ネット上では夏は花火大会、冬はクリスマスに、 現実世界を敷かれたレールの上で謳歌する人たちに対する醜い嫉...

NO IMAGE
#4963

利己心のかたまり

あれもこれもと思い詰めてなんだかんだでどれも手についていないので、 とりあえず何も考えなくても進められるブログ執筆を片付けてしまうことにします。 というわけで先月末の怒濤の繁忙期、 そしてそれによって発生した副産物であるところの山のようなオフ作業群を先週末に片付け、 比較的余裕はあるはずの二連休その一日目であるわけですが。 振り返ってみるとやったことの成果としては微妙止まりですかね。 昨日も書きましたが今日は恒例の親の実家の地元...

NO IMAGE
#4814

裏向きの評定

社会生活二年目くらいから、面と向かってあれこれとは言われないものの、 会社内での評価基準になるものに「倫理観」があるように思ってきました。 たとえば学校現場では模試や期末テストというのが生徒から見て共通の価値観です。 単純にいろんな教科をくまなくこなせる人こそが優秀、という。 その裏では教師が見た生徒の素行などを反映したいわゆる内申書というものがあったわけですが、 それはその存在がチラつかされるだけで中身は結局卒業後の今も未だ暗闇...

NO IMAGE
#4767

否定する話

他人に対してストレスを感じるときというのは、 その他人に対して主張したいことが発生し、他人に対して伝える機会を逸したときにこそ起こる。 他人に主張したいことそのものはストレスの要因ではなくて、 他人に対して言いたいことがあるのに、なんらかの理由で伝えられなかったことこそが 憤りを感じる直接の要因になる。 例えばそれが「自分のコミュニケーション能力が無いせいで伝えられなかった」 と思えばストレスの矛先は自分自身に向かうし、 「自...

NO IMAGE
#4613

連携以前の自己犠牲

会社内部の話はぼかし気味に書かざるを得ないのであまり書きたくないのですが、 ちょっと考えたいテーマに接近する出来事があったので備忘録がてら。 今の自分は下に2人目の後輩がいます。なにしろ役割分担の不明瞭な会社なので 何をもって「後輩」と言うのかすらハッキリと言えないもやもや感はありますが、 少なくとも自分が関わるというか主導(?)しているプロジェクトに関係する、 自分より後に入った人です。ちなみに1人目は以前 “独り言” で書...

NO IMAGE
#4489

淀んだ椅子

自分が社会人になって以来、休職期間を除けば最大級の休みとなるゴールデンウィーク。 それが目と鼻の先まで来た0日目の今日、直前まで自分の心を占拠していたもやもや感について、 一定の精算をするべく赤裸々に書き下していきたいと思います。 他人が読んでいることはまったく想定していないのであしからずご了承ください。 五年くらい経ったら半非公開にするかもしれません。少なくともそのつもりで書きます。 ここ数日ぐだぐだと書いていますが、ブログ...

NO IMAGE
#4482

大型連休に足りない椅子

えー、ゴールデンウィーク連休が1日削れることが確定しました。 元々GWの飛び石を有休二日で埋め、 頭の28日にもう一日申請することで11連休を目論んでいたのですが、その頭が取れました。 終わったと思っていた繁忙期の最後っ屁とも言える案件が予想だにしなかったタイミングで入り、 そのうち最初の山を月末内に捌くにはどうしてもギリギリ一杯かかってしまうと。 28日だけならまぁ予備日が一日消えただけと観念することもできるのですが、 その次...