高校時代一覧

NO IMAGE
#5025

静かなる冒険譚

電撃文庫のライトノベル『キノの旅』21巻発売と同時に10月からアニメ放映と聞き、 もうそんな冊数になっていたのかという驚きと、 そして連載18年目にしてまさかまさかのアニメ化に二重の驚きがありました。 大分前にもアニメになっていたので今回は第二期のはず。 制作会社が違うと「第二期」と言わないんですかね。まあいいか。 自分が持っているのはXV巻まで。2011年頃に思い出したように新刊を買ったのがそれですが、 中二病最盛期である...

NO IMAGE
#4977

100年前の大人に思うこと

今改めて、「あれはなんだったんだろう?」という昔の記憶を掘り起こす企画『日々の栞』、 第2回は大正時代・志賀直哉の短編小説『清兵衛と瓢箪』(1913年)です。 *  *  * 瓢箪に熱中する12歳の小学生「清兵衛」と、それを「子どものくせに」と快く思わない父親。 ある日、清兵衛は喉から手が出るほど素晴らしい瓢箪を手に入れるのですが、 喜びのあまり、学校に持ち込んでまで手入れをしているところを教師に見つかってしまい、 その...

NO IMAGE
#4841

可視化される人間関係

ひょんなことでLINEグループを作るきっかけがありました。 イマドキの中高生は友人同士でこのグループを作ってコミュニケーションを取っているそうで、 それを聞くとある意味ガラケー世代に生まれたことは幸運だったのかもと思うことがあります。 何度か書きましたが自分は家庭の方針で携帯代は自己負担というルールがあり、 そのためガラケー文化に触れたのも高卒直前と当時にしても非常に遅い方でした。 そんな自分がもしスマホ時代に生まれていたら、 ...

NO IMAGE
#4384

忘れかけた冬の桜

01時就寝07時30分起床、22時退勤。 またしても雪が積もったので行きも帰りも徒歩だったのですが、 昨夜のふとした思いつきで、通勤時に聴く音楽を2時間分すべてJ-POPにしてみました。 ブログの投稿総数も4000番台に乗った今ではもう遙か昔のように思えるのですが、 エレクトロニカやテクノポップ等電子音楽に傾倒している自分も、 2007年にとあるアニメソングに出会う以前はいわゆる流行りのJ-POPを聴いていました。 ライブラ...

NO IMAGE
#3334

記憶を呼び覚ます道

来月分のアルバムをレンタルするために近所のCDレンタルショップに行ってきました。 その店は自分が高校卒業したあとに移転してしまったのですが、 移転先も移転前も割と高校に近い場所でかつ実家に近い場所にあるということで 高校卒業前はもちろん、大学時代突入後もちょくちょく足を運んでいます。 とはいっても、冬帰省以来ずっとご無沙汰していたので 今日行ったのはおよそ半年ぶりくらいだったんじゃないかと。 この店に行くためには、必然的に高...

NO IMAGE
#1863

身代わりの時代

久々に高校時代の夢を見ました。 そういえば、かつては誰かさんの行動をみんなで面白がっていたなぁ・・。 夢に出てきたのもまさにそんなシチュエーションで、 2006年バレンタインデーが懐かしいと思えるほど、当時そのままの雰囲気でした。 これは2007年から何度も思ってきたことですが、 今にして思えばあれは公開いじめの他に何物でもない行為なんですけどね。 ボケとツッコミのような関係だと当時の自分は思っていて、 もっと言えば彼と言...

NO IMAGE
#1037

高校生の思い出 #a

今、高校生という3年間を終える。 短かった。物足りないくらい短かった。 そして、中学時代よりも、手にとって計りきれないほど成長できたと、自覚している。 僕は人が成長できるのは、奇跡の上であると思っている。 人がひとつの個性や実力、経験をまとっていくには、何かしらの偶然が必要であって、 その“何かしら”が結局人生を左右するものだ。 僕にとっては、それが高校生活だった気がする。 今の自分の形成は2003年夏から始まった。 ...